メンテナンス事業 - つづく安心、つながる未来。

コンクリート構造物のメンテナンス事業

従来、コンクリート構造物は強固で半永久的なものと考えられてきました。
しかし近年では、荷重などの強度的な要因だけでなく、塩害や凍害などの自然環境、さらには酸性雨やCO2による中性化など、コンクリートに悪影響を及ぼす様々な要因が問題視されています。
劣化したコンクリート構造物をすべて造り替えるためには莫大な費用がかかり、経済的な負担も大きいことから、劣化したまま供用を続けているコンクリート構造物も少なくありません。
そこで、日本コンクリートでは、長年コンクリートに携わってきたノウハウを生かし、コンクリート構造物を造り替えるのではなく、補修や補強を行うことにより、その寿命を延ばし、ライフサイクルコストを低減させる事業を推進しております。

メンテナンス(補修・補強)
工法一覧

メンテナンス(補修・補強)工法一覧図メンテナンス(補修・補強)工法一覧図

【注意】上記工法は一例ですので、現場に応じた工法もご相談ください。
※1:農水省:開水路補修・補強工事マニュアル(案)品質規格適合品 
※2:JWWAK143適合品 
※3:下水道事業団暴食指針D種適合品
※4:ARIC農業農村整備新技術登録品 
※5:NETIS V登録品 
※1~※4は、各規格をクリアする工法もラインアップしております。

加盟協会
  • □インフラ保全技術協会
  • □一般社団法人IPH工法協会
  • □東海コンクリート診断士会
  • □ハレーサルト工業会
  • ほか
有資格
  • □コンクリート診断士
  • □橋梁点検士
  • □1級土木施工管理技士
  • □2級土木施工管理技士
  • □コンクリート主任技士
  • □コンクリート技士
  • ほか多数在籍
建設業許可
  • □許可番号:
    愛知県知事許可(般-24)第6199号
  • □許可業種:
    舗装工事業・とび土工工事業・
    防水工事業

メンテナンスカタログ

メンテナンスカタログ

つづく安心、つながる未来。

長年の技術とノウハウを活かし、
コンクリートの「安心」を未来へつなげます。

日本コンクリート・メンテナンス事業で取り扱う様々な工法の特性や施工例などを詳しく掲載。コンクリート構造物の劣化の対応策として、メンテナンスをご検討の方は、メンテナンスカタログをぜひご覧ください。
下のボタンをクリックすると、WEBカタログが立ち上がり、モニター上でページをめくりながらメンテナンスカタログを閲覧できます。

日本コンクリート・メンテナンス事業で取り扱う様々な工法の特性や施工例などを詳しく掲載。コンクリート構造物の劣化の対応策として、メンテナンスをご検討の方は、メンテナンスカタログをぜひご請求ください。
※Windows OS / Mac OSなら、日本コンクリートのホームページでWEBカタログ版メンテナンスカタログをご覧いただけます。

WEBカタログ版
メンテナンスカタログ
こちらからご覧いただけます
メンテナンスカタログの
ご請求はこちらから
資料請求フォーム

お問い合わせ

メンテナンス事業についてのご相談や打ち合わせのご依頼は、専用フォーム、またはお電話で受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

電話をかける

日本コンクリート株式会社 
メンテナンス事業推進室
〒463-8547 
愛知県名古屋市守山区瀬古三丁目1725 
TEL:052-793-1151 FAX:052-793-4405