急傾斜地・アンカー工法・パンウォール工法 | 日本コンクリートのパンウォール工法(アンカー工法)は、補強土工法の表面工としてプレキャストコンクリート板を使用した安全性の高い工法です。

052-793-1151
製品一覧 > 補強土工 > パンウォール工法

パンウォール工法

NETIS登録番号CB-980093-V
特許 第5290461号

PAN(Panel And Nail)WALL工法は急勾配斜面安定工法、地山補強土工法の理論に基づく工法です。補強土工法の表面工としてプレキャストコンクリート板を使用し、急勾配(垂直〜5分)化により自然法面を可能な限り残す、逆巻き工法を基本とした安全性の高い工法です。

パンウォール工法

パンウォール工法の特長

■急勾配化(垂直〜5分*)により、法面上下における有効な土地活用が可能。
*3分勾配を標準とする。

■構造物を上から下へ仕上げる逆巻き施工により、支障物の保護と施工中の地山のゆるみと崩壊事故防止。

■表面保護工のプレキャスト化により、品質の向上と工期短縮・省力化が可能。

■高い耐久性とメンテナンスフリーにより、長期的なライフサイクルコストで優位性を発揮。

■高い強度により、優れた耐震性を実現。

■意匠パターンの多様化*により、様々な景観に対応。
*小岩模様を標準とする。

施工例プレビュー

国土交通省NETIS登録番号CB-980093-V
「新技術活用支援施策」選定工法
特許 第5290461号

定着部(詳細図)

バーチカル パンウォール

バーチカル パンウォールは、壁面が垂直な「片持ばり式擁壁」「L型擁壁」「逆T型擁壁」「U型擁壁」さらに「山留め式擁壁」の代替案として適応範囲が拡大しました。様々な実証実験により従来工法と比べて同等以上の性能が期待でき、工期短縮・コスト削減・環境負荷低減など多くの優位性が認められます。

主な用途

  • 上部構造物(道路・建物等)・境界内施工
  • 長大法面・掘削土量の低減
  • 既設擁壁の補強
  • 災害箇所の復旧
  • 河川施工

道路の改良工事や拡幅工事等で斜面を切土して構造物を構築する場合、上部に支障物や道路がある箇所で、従来の擁壁、ブロック積等の背面掘削がないので、建物の移設や交通規制をしなくても施工することが可能です。

山間部などに道路を建設し長大法面となる場合、急勾配化することにより森林の伐採面積を低減し、掘削に伴う土量を低減することが可能です。

道路に面した既設擁壁が老朽化や変状した場合、既設擁壁を残したまま補強できるので、廃棄物を低減し、上部道路の交通規制をしなくても施工することが可能です。

法面が崩壊し上部の構造物に影響が発生する恐れがある箇所において、PAN WALL工法は土砂崩壊の影響を最小限に抑えて施工することが可能です。

工事期間中の掘削影響による道路通行規制が軽減でき、既設石積等の擁壁を補強しながら、道路の拡幅と補強ができます。

新設河川・水路の護岸構築、および老朽化した河川護岸ブロック(石積、ブロック積)を残したまま補強できるので、廃棄物を低減し、上部道路の交通規制をしなくても施工することが可能です。 

「地山」と「盛土」を一体的な構造物とする切土・盛土複合補強土壁AB(Cut And Bank)WALL工法は、国土強靱化・道路拡幅工事に適しており、事前防災や減災対策として日本の道路を支えます。

 

切土・盛土複合補強土壁のメリット

下部地盤を切土補強土(地山)で安定化した上で、上部に盛土補強土壁を設置し、地山と盛土を一体的な構造物とします。

構造パターン

上部荷重(活荷重等、盛土部自重)を地山部で抑止可能

・下部地盤は補強され安定した地山的挙動を示す
(崩壊性が無く、壁面への土圧は小さい)

・上部補強と下部補強は個別に安定を保持

・上部盛土補強を支持する下部切土補強土(地山)

意匠パターン

 

パンウォール工法の詳しい情報は、以下サイトでご確認ください。

PAN WALL工法協会 http://www.panwall.jp/

ページの上へ
Copyright © NIPPON CONCRETE Co., Ltd. All Rights Reserved.