シールド工法用RCセグメントは、シールドトンネルにおいて必要不可欠な製品です。

052-793-1151
製品一覧 > その他製品 > シールド工法用 RCセグメント

シールド工法用 RCセグメント

下水道用資器材製造認定工場
認定番号:第042403号

シールド工法用 RCセグメントは、シールド工法によるトンネルの壁面で使われる製品で、分割されたブロック(セグメント)を組み上げて構築します。シールド工法とは、リング状に組みあがったセグメントを反力として、シールドマシンが掘り進む工法で、RCセグメントは、必要不可欠な製品と言えます。

シールド工法用RCセグメント

シールド工法用 RCセグメントの特長

■安全設計
地山の土圧、水圧等の周辺環境による荷重に耐え、使用目的に応じた所定のトンネル内空を有する安全かつ堅牢な設計となっております。
■優れた経済性
トンネルの設計条件に準拠し、合理的な断面、サイズや機能を選定することで経済性に優れます。
■環境配慮
非開削工法でトンネルを構築する為、周辺環境への影響が低減されます。
■高精度の製品
高度な品質管理により高精度な製品のみを現場に納入することが可能です。
■用途
道路・鉄道・共同溝・上下水・電力通信等・雨水調整池・パイプライン等幅広く用いられています。
  • シールド工法用 RCセグメントの特徴01
  • シールド工法用 RCセグメントの特徴02
  • シールド工法用 RCセグメントの特徴03
ページの上へ
Copyright © NIPPON CONCRETE Co., Ltd. All Rights Reserved.