日本コンクリート株式会社

Maintenanceコンクリート構造物のメンテナンス事業

つづく安心、つながる未来。長年の技術とノウハウを活かし、コンクリートの「安心」を未来へつなげます。

従来、コンクリート構造物は強固で半永久的なものと考えられてきました。
しかし近年では、荷重などの強度的な要因だけでなく、塩害や凍害などの自然環境、さらには酸性雨やCO2による中性化など、コンクリートに悪影響を及ぼす様々な要因が問題視されています。
劣化したコンクリート構造物をすべて造り替えるためには莫大な費用がかかり、経済的な負担も大きいことから、劣化したまま供用を続けているコンクリート構造物も少なくありません。
そこで、日本コンクリートでは、長年コンクリートに携わってきたノウハウを生かし、コンクリート構造物を造り替えるのではなく、補修や補強を行うことにより、その寿命を延ばし、ライフサイクルコストを低減させる事業を推進しております。

ASモルタル工法

ASモルタル工法

高炉スラグ系再乳化型粉末
アクリルポリマーセメントモルタルによる構造物補修

ASモルタル工法は、高炉スラグ系再乳化型粉末アクリルポリマーセメントモルタル「ASモルタル」を用い、劣化構造物の表面保護を行うことで、構造物の機能を回復させる工法です。優れた接着性で既存構造物と一体化し、耐摩耗性や水密性に優れコンクリート構造物を劣化要因から守ります。
また、平滑性に優れ粗度係数が小さくなるので、通水量も確保しやすくなります。

ASモルタルD工法(高靱性)

ASモルタルD工法

高炉スラグ系再乳化型粉末
アクリルポリマーセメントモルタルによる構造物補修

ASモルタルD工法(高靱性)は、高炉スラグ系再乳化型粉末アクリルポリマーセメントモルタル「ASモルタルD」を用い、劣化構造物の表面保護を行うことで、構造物の機能を回復させる工法です。優れた接着性で既存構造物と一体化し、耐摩耗性や水密性に優れコンクリート構造物を劣化要因から守ります。特殊繊維を混入することにより引張力を分散させ、ひび割れ幅を微細に抑え、大きな引張変形と靱性を示します。

HSウレア工法

HSウレア工法

瞬間硬化型樹脂吹付による表面ライニング補修工法

HSウレア工法は、イソシアネートと特殊アミンの2成分からなるポリウレア樹脂を、高度な技術で開発されたスプレー技術を使い、コンクリート表面が劣化した構造物に吹き付けることで強固な被膜を瞬時に形成させる瞬間硬化型ライニング補修工法です。

ASフォーム工法

ASフォーム工法

高耐久性レジンコンクリートパネルの利用による構造物補修

ASフォーム工法は、ASフォーム(高耐久性レジンコンクリートパネル)の様々な優れた特性を活かした既存構造物の補修工法です。
また、新設構造物の埋設型枠として適用する事により、構造物の耐久性が向上し、ライフサイクルコストの低減を図ることができます。

ダクタルパネルライニング工法

ダクタルパネルライニング工法

超高強度繊維補強
コンクリートパネルライニングによる構造物補修

ダクタルパネルライニング工法は、超高強度繊維補強コンクリート(ダクタル)を用いた高耐久性薄肉埋設パネルです。ダクタルパネルをコンクリート構造物に適用することで、構造物の長寿命化、維持管理費の縮減を実現することができます。
また、その他パネルライニング工法と違い、周囲の景観を損なうことが無く、修景利用が可能です。

セルフシーリング工法

セルフシーリング工法

シール材が水圧を利用して自ら止水する
止水性と変形追従性に優れた目地補修工法

セルフシーリング工法は、特殊形状の中空型シール材(セルフシールTZ-50)を用いた目地補修工法です。シール材は、自らの反発力で溝の壁に押し付けられ、高い接着性を発揮します。
また、シール材背面から水圧を受けると、溝を押し広げる力が働き、自ら止水性を高めます。

HSPU目地工法

HSPU目地工法

瞬間硬化型樹脂による表面ライニング目地補修工法

HSPU目地工法は、既設水路目地を、新開発の高伸縮シーリング材と高耐久性緩硬化塗布型ポリウレア目地材の組み合わせで、躯体と一体化を計り、伸縮機能と止水機能を長期にわたり維持することが出来る目地補修工法です。

HSシーリング工法

HSシーリング工法

1成分形ポリウレタン系シーリング材による目地補修工法

HSシーリング工法は、1成分形ポリウレタン系樹脂「HS-seal」を用いて、既設目地やひび割れにUカット+充填することで漏水を防止する工法です。耐候性に富んだ弾性シーリング材で、補修の分野だけでなく、ボックスカルバート目地や構造物目地などに用いることができ、さまざまな用途で使用できます。

ドーロガード工法

ドーロガード工法

混ぜて、均して、1時間
簡単・便利な速硬性耐久補修工法

ドーロガード工法は、速乾性耐久補修材「メタクリル樹脂モルタル」(ドーロガード)と、浸透性メタクリル樹脂(パーミタイト)の組み合わせで、土木構造物の補修や補強、耐久性の向上を行う工法です。
コンクリート舗装、アスファルト舗装のわだち補修、段差の修正、橋梁伸縮装置補修、軌道表面の薄層舗装、表面強化等、あらゆる補修用途に適応できます。

FRPフリュームカセット工法

FRPフリュームカセット工法

人力による運搬、施工が可能なFRP一体型製品はめ込み水路補修工法

FRPフリュームカセット工法は、水路内側にFRP製の一体型製品「FRPフリュームカバー」をはめ込み、保護する工法です。長い年月が経過し、周囲の環境が大きく変化したことで、重機の乗り入れが困難な水路が多く存在しています。FRPフリュームカバーは軽量のため、人力による運搬、施工が可能で、「工期短縮」、「コスト低減」が図れるとともに、狭小箇所における施工性にも優れた水路補修工法です。

ウォーターカット工法

ウォーターカット工法

特殊ポリマー樹脂による高圧注入止水工法

ウォーターカット工法は、コンクリート構造物における漏水原因(ひび割れ・打ち継ぎ・ジャンカ等)に対し、躯体コンクリート背面に「特殊ポリマー樹脂止水材」を高圧注入することで、外部の未出水部を含む全ての漏水原因から注入材を逆流浸透させることで、コンクリート裏面(躯体外部)に遮水層を形成する事で長期的な止水を目的とした工法です。

メンテナンスカタログ

日本コンクリート・メンテナンス事業で取り扱う様々な工法の特性や施工例などを詳しく掲載。コンクリート構造物の劣化の対応策として、メンテナンスをご検討の方は、メンテナンスカタログをぜひご覧ください。
下のボタンをクリックすると、Webカタログが立ち上がり、モニター上でページをめくりながらメンテナンスカタログを閲覧できます。

お問い合わせ

メンテナンス事業についてのご相談や打ち合わせのご依頼は、専用フォーム、またはお電話で受付いたします。
お気軽にお問い合わせください。

閉じる

Font Size

文字の大きさを選ぶ

標準

閉じる閉じる