日本コンクリート株式会社

Works施工事例

4本一体化ボックスカルバート

更新日:2015.07.09

管理番号:142

組立後の一体化製品組立後の一体化製品

突堤を築造する際に、岸壁の潮流を妨げないようにするためのボックスカルバートで、島で施工するため台船で運び使用した事例です。
台船に載せる前に港でB3800×W3800の上下2分割ボックスカルバートをPC鋼棒で連結し、さらにそのボックスカルバート4本を縦方向PC連結させ、全体として長さ4.1mの一体化ボックスカルバートとしました。
一体化したボックスカルバートは総重量約60tとなるため、専用の吊り天秤を作成し、250t吊りクレーンを搭載した台船にて運搬施工しました。
吊り上げ状況 吊り上げ状況
カテゴリ ボックスカルバート関連 製品・工法
使用製品・工法名 ボックスカルバート
サイズ B3800×W3800×L4100
施工場所 三重県鳥羽市神島
発注元 伊勢農林水産事務所

閉じる

Font Size

文字の大きさを選ぶ

標準

閉じる閉じる